トップ >>CSR

CSR

CSR方針

経営理念

1 “お客様第一”を基盤とし、コンプライアンスを徹底し、会社の永続的な発展を通して、社員の幸福の実現に努め、あわせて、社会への貢献を目指す。
2 「商社部門」「自動車部門」の特徴を生かし、お互いの連携した活動を通して、社業の一層の発展を目指す。
3 グローバルな視野に立ち、進取の精神で、夢と希望と熱意を持って商品の開発と市場の開拓に邁進する。
4 「誠実」「努力」の社風を継承し、より快適な社会を目指し、さらなる挑戦を続ける。

中外グループCSR方針

(全文)
私たち(株式会社中外及びそのグループ)は、「経営理念」に基づき、各国・地域での事業活動を通じて、社会の持続可能な発展に貢献します。
私たちは、法令並びにそれらの精神を遵守し、誠実な事業活動を行います。
私たちは、永続的な発展のために、以下のとおり全てのステークホルダーの皆様を重視した経営を行い、オープンで公正なコミュニケーションを通じて、ステークホルダーの皆様に信頼されるよう努めます。
私たちは、サプライヤー様がこの方針の趣旨を支持し、それに基づいて行動頂くことを期待します。
<お客様>
私たちは、“お客様第一”という経営理念に基づき、お客様の様々なニーズに応える安全・高品質な製品・サービスを開発・提供します。
私たちは、知的財産を適正に取り扱うとともに、お客様をはじめ事業活動に関わる全ての人々の個人情報保護に努めます。
<社 員>
私たちは、経営トップの率先垂範のもと、コンプライアンスを徹底し、倫理的な行動を促す企業文化を育て、それを実践していきます。
私たちは、「社員の幸福の実現」のため社員を大切にし、個々人の能力開発やキャリア形成など人材育成に努めます。
私たちは、あらゆる雇用の場面において、公正かつ均等な雇用機会を提供するとともに、社員に対する差別を行いません。
私たちは、社員の人権を尊重し、いかなる形であれ強制労働・児童労働は行いません。
私たちは、社員の代表、若しくは社員との誠実な対話と協議を通じ、「相互信頼・相互責任」の価値観を構築し、共に分かち合います。
私たちは、社員の職務上の安全・健康の確保を最優先とし、事故・災害の未然防止に努めます。
<取引様>
私たちは、取引先様を尊重し、取引を通じて信頼関係を築き上げ、共存共栄を目指します。
私たちは、サプライヤー様の決定にあたっては、公平・公正に門戸を開き、品質・価格・納期・技術・環境など総合的に判断します。
私たちは、各国・地域の競争法を遵守し、公正かつ自由な取引に努めます。
<株主様>
私たちは、株主様の利益のために、長期安定的な成長を通じ企業価値の向上を目指します。
私たちは、株主様をはじめステークホルダーの皆様に対し、経営・財務・環境保全などの情報を、適宜・適切に開示します。
<地域社会・グローバル社会>
【環境】
私たちは、あらゆる事業活動を通じ環境保全に努め、環境と経済を両立する製品・サービスを開発・提供するとともに、地球温暖化防止、生物多様性の保全等、環境との調和ある成長を目指します。(詳細は、株式会社中外 環境方針を参照)
【社会】
私たちは、各国の文化・慣習・歴史及び法令を尊重し、地域社会から信頼される経営を行います。
私たちは、政府や取引先による贈収賄を許さず、政治・行政及び取引先様と誠実かつ公正な関係づくりに努めます。
私たちは、人権・環境等の社会問題を引き起こす原因となりうる原材料(例:コンゴ産紛争鉱物等*)の使用による地域社会への影響を考慮した調達活動を行います。そして、懸念のある場合には、使用回避に努めます。
*コンゴ民主共和国およびその周辺諸国から産出される鉱物で、且つ同地域の武装勢力の活動資金となっている鉱物(コンフリクトミネラル)
【社会貢献】
私たちは、事業活動を行うあらゆる地域において、豊かな地域社会とその発展に向け、積極的に社会貢献活動を行います。

品質方針

株式会社 中外 品質方針

 当社は、常にお客様に満足いただける製品・サービスを提供するため、品質方針を定めて事業活動に取り組みます。

1 お客様のニーズに応えるため、お客様とのコミュニケーションを大切にし、信頼される製品・サービスを提供します。
2 よりよい品質を確保するため、品質マネジメントシステムを構築し、有効性の継続的改善に努めます。
3 品質目標を設定し、実績把握と評価を通じて全員でその実現を目指します。
4 常に先進的な製品・サービスを届けるために、研究開発に邁進し、最新技術を追求し続けます。
5 従業員一人ひとりが品質方針を理解し、常に意識改革と自己研鑽に努めます。

環境方針

株式会社 中外 環境方針

 当社は、自動車防音部品等の開発・製造販売及び化成品、電気・電子部品等の販売事業を進めてまいりました。その中で 環境との調和をはかり環境保全に努めて参りましたが、更に 地球規模での温暖化現象、自然界での生態系の破壊が叫ばれている中で、よりよい地球環境を目指して環境保護に努め 持続可能な社会の実現に貢献します。

1 環境に関する法律・規制・協定等を順守するとともに、自主管理基準の設定・維持に努めます。
2 環境に配慮した商品・製品の開発・設計・製造・販売を推進し汚染の予防に努め、排出物や廃棄物の発生を極力抑えエネルギー消費の少ない職場づくりを目指します。
3 環境保全のため 環境目標を設定し、日常業務の中で 全員で継続的な改善・維持活動を推進します。
4 従業員一人ひとりが自覚と責任を持ち、環境意識向上させるため教育と訓練を計画的に実施します。
5 地域社会との環境調和をはかり、環境保護に努めます。
ISO14001 2016/5/15更新
(初回 2001/5/15認証取得)
環境に配慮して、95年より
順次4台導入した脱臭装置
環境活動を象徴する
クロガネモチの木

環境への取り組み

第1次環境取り組み期間 第2次環境取り組み期間 第3次環境取り組みプラン実施中

行動指針
1 地球温暖化防止
 
 
2 環境負荷物質低減 
 
 
 
 
 
 
3 資源循環 
 
 
4 環境経営 
 
 
 
 
 
 
実績事項
自動車燃費向上に寄与すべく、部品軽量化の推進
CO2発生量低減活動の積極的な推進

地球温暖化対策計画書 
環境負荷物質・有害化学物質の管理・低減の一層の推進
*欧州ELV指令対応
*RoHS指令対応
*SOC4物質の削減及び鉛フリー化の推進
*PRTR対象物質、VOC対象物質の低減
*欧州REACH規制対応
リサイクル設計の一層の推進
資源有効利用の推進
水使用量の最適化と管理
購入品事前調査やグリーン調達のレベルアップ
協力会社、取引先との連携、管理の一層強化
環境教育、社内コミュニケーションの充実
環境情報開示と双方向コミュニケーションの充実
地域社会とのコミュニケーションの充実
自然保護と緑化活動
社会貢献活動
廃棄物発生量推移
廃棄物発生量推移のグラフ
CO2発生量推移
CO2発生量推移のグラフ